質問箱Q&A集【part12】

質問箱Q&A集【part12】

GCAの1年目の年収

GCA1年目の年収はどのくらいでしょうか?残業・ボーナス含めてです。

内定の森メンバーの中でGCAの選考を受けた人がいないので、確証を持ったことは言えません。

せっかくご質問していただいたのに申し訳ないです。

そこで知人のGCA内定者数人に訊いてみました。

どうやら残業代やボーナス等をすべて含めると、額面上の初任給は600~700万円ほどになるのではとのことです。

外資系投資銀行よりは初任給は劣るかもしれませんが、それでも十分な高給取りですよね!

一つご参考にしていただければと思います。

フェルミ推定のおすすめ問題集

フェルミ推定の参考書、問題集を探しています。何かオススメはありますか?参考書であれば例題が載っていて解説もおおざっぱであるものがいいです。問題集の解説はフェルミ推定の考え方の本質が載っているものがいいです。

基本的には、これまで内定の森が公開してきた記事をご覧いただくと全てわかると思います!

まずは『フェルミ推定ノート』を1周やり込み、何となくの「型」をマスターするようにするのが初心者では賢明でしょう。

もはや企業側も学生がフェルミ推定の対策をしてきているのは百も承知なので、同じような問題が出題されることはまずありません。

ただ一応のお作法は知っておく必要があるので、強いて言えば『フェルミ推定ノート』でしょう。

コンサルティング・ファームの選考はほとんどの場合、フェルミ推定単独で問題を訊いてくることはありません。

ケース問題を解く上で概算が必要だから合わせてフェルミ推定もする、というのが普通です。

となると、ケース問題の対策もそれなりに必要だということになります。

ケース問題に関してはフェルミ推定よりも地頭やセンスに訴える部分も大きく、対策をしたところで実力が伸びるかは怪しいところです。

お作法を最低限知ってお茶を濁す程度の会話ができるようになるためには、まず『ケース問題ノート』『過去問で鍛える地頭力』あたりを解き進めるといいかもしれません。

解答を丸暗記する必要はなく、あくまで「あ、そういうセンスで問題に臨めばいいのね!」といった形でフワッと理解するにとどめたほうが良いでしょう。

面接で暗記厨なのがバレてしまうのは一番落とされる確率が高いので、面接で使えそうなフレームワークや言い回しなどをかいつまんで覚えていくといいと思います。

P&Gの春選考(マーケティング職)

P&Gのマーケって春選考ありますか?

回答としては「例年は開催されない年度のほうが多い」です。

基本的にP&Gのマーケティング職はサマーインターン経由からしか内定を出しません。

ウィンターインターンは開催する年度はまずなく、その後辞退者が多数出て補充をする必要がある時のみスプリングを開催している印象です。

外資メーカーのトップに君臨するP&Gですから、それだけ辞退する人が少ないという表れかもしれませんね。

セールス、ファイナンスなどの他部門はサマー・ウィンター・スプリングと開催されることも多いです。

マーケティング職にこだわるならば他社を、P&Gブランドにこだわるなら他部門を受検しましょう。

外銀セールスの選考突破方法

外銀セールス志望です。本選考中にディナーに呼ばれた際、ディナー中に気を付けなければいけないこと等はありますか?どのような点が見られているとお考えですか?

ディナー中に気を付けるべきことは「個性50%、心地よさ50%」です。

この2つをうまいバランスで社員さんに印象づけることを意識しましょう。

個性をアピールしすぎて煙たがられるのもダメ、かと言って当たり障りのないことばかり言って退屈させてもダメです。

「そのアドバイス、抽象的過ぎてわからんわ!」という人は、以下の点だけおさえておいてください。

相手の社員さんと同じような雰囲気を醸し出す努力をする

これだけ覚えておいてください。

目の配り方、表情、口振り、よく使う用語、ちょっとした仕草などを開始2~3分の間に見つけてトレースしちゃうんです。

この方法の何がいいかと言うと、社員さんに好かれやすくなるだけでなく社風に合った人材であることを上手くアピールできるわけなんです。

社員さんはその会社でもう数年以上も働いているので、無意識のうちに会社の価値観や雰囲気に染まっています。

そういった雰囲気に自分を近づけることは、自分が社風にマッチする人材だということをアピールすることに繋がるわけです。

BCGの春インターンについて

BCGの春インターンへの選考フローは夏冬と同様でしょうか。BCGの筆記試験が苦手なのですが、コツや意識することを教えてください。

ボストン・コンサルティング・グループ(BCG)のスプリング選考ですが、基本的にはサマー・ウィンターと同様に進んでいくと思ってもらって大丈夫です。

サマーやウィンターの補充の意味合いが強いため、年度によって開催されるかどうかも変わってきます。

ただ、BCGの春選考の時期まで外資就活をガチでやっている層はあまりいません。

ライバルが弱ければその分就職難易度も下がるので、意外と狙い目と言えるでしょう!

外国人留学生は不利?

外国人留学生です。サマーインターンのみならず、最近の本選考においてもESの段階で落とされています。やはり留学生フィルターが存在しますか?

「外国人留学生フィルター」なるものは、基本的に存在しません。

「外国人留学生枠採用」という形で明言している企業でもない限り、外国人留学生だからということで有利・不利はないと思います。

とすると、質問者様のエントリーシート(ES)に問題があるのかもしれません。

エントリーシートは書き方によって通過率を9割以上に高めることができます。

社員に刺さるエントリーシートの書き方はコチラの記事を参考にしてください。

関連記事

テストセンターの練習台になる企業は? etc.

OB・OG訪問に使えるサービス、グループ面接での勝ち方 etc.

筑波・横国・上智から外資内定はムリ?、総合コンサルはTOEIC必須? etc.

お役立ち情報カテゴリの最新記事