質問箱Q&A集【Part13】

質問箱Q&A集【Part13】

外銀ファイナンス部門の仕事

2021卒です。外銀のファイナンス部門ってどんなことするんですか?どんな人が内定していますか?

外銀のファイナンス部門は、バックオフィスのうちの1つに入ります。

バックオフィスとフロントオフィスの違いは以下の記事を参考にしてください。

ただ上の記事はミドル・バックオフィスの説明が薄いので、ここで追加でご説明します。

ファイナンス部門はミドル・バックオフィスの中でも、特に経理・財務の仕事が多い部門です。

日系企業でいう経理部や財務部に近い部署と言えます。

IBDに年間どれくらい予算を振るのか、マーケット部門にはどれくらい振るのか、果たしてその予算がきっちり使われているのか、といった業務を行ないます。

ファイナンス部門は基本的にホワイトで、時給的には他のミドル・バックオフィス同様にコスパがかなり良い部署です。

ただ、IBD担当のファイナンス部署に入ると多少労働時間が延びたりするようなこともあり、部署によってまちまちです。

また転職バリューといった部分を考えるのであれば、やはりフロント・オフィスに行ったほうが得策です。

ホワイトで高時給、そしてある程度同じ会社で働くというスタンスで就活を進めるのであれば、かなりオススメの部門といえるでしょう。

三井物産のインターン優遇ルート

物産のインターン優遇ルート、何割ぐらいの人が乗る印象ですか?

三井物産はウィンターインターンからの優遇ルートがあることで有名です。

2020卒までは”ルール違反”だったわけですが、2021卒からは”合法化”されます。

そんな三井物産のインターンルートですが、内定の森としては3~4割程度が優遇ルートに招待されていると考えています。

2018卒・2019卒の三井物産のインターン上京を見る感じ、ある程度妥当性はあると思います。

学歴としては割と様々で、東大早慶から上智・理科大の層も多いです。

気を付けるべきポイントとしては、三井物産のウィンターインターンで評価が付かなかった人は本選考も9割以上の確率で落とされるということ。

あくまでウワサベースではありますが、実際にウィンターからの敗者復活事例はあまり聞いたことがありません。

もし優遇がなされなかったとしタラ、別の商社の対策へと切り替えましょう。

企業名の隠語リストが欲しい

企業の隠語が全く分からないです…一覧とか作ってくれたらありがたいです!

ちょうどTwitterや外資就活ドットコムの掲示板で使われがちな隠語一覧の記事を書き終えていたので、ここでも共有します!

就活ツイッタラーや外資就活ドットコムの掲示板界隈の人は結構センスありますよね(笑)

外資系社員のモテ度合いは?

外資系はモテるとおっしゃっていましたが、外銀ですか?戦コンですか?どっちもモテますか?あと出会いの場所とかどんな相手と出会うのかとか教えてください!

おそらく、このツイートを見ていただいた上でのご質問だと思います。

この元運営者の2018卒の先輩は、現在某外資系戦略コンサルティング・ファームにお勤めの社員の方です。

合コンや友人の紹介などで出会いの場が結構あるようですが、元々学生の頃からモテていた人なので、決して肩書きをひけらかしてモテているわけではないみたいです(笑)

外銀も年収が高いので同じようにモテると思いますが、IBDの場合は遊んでる時間がないという人も多く、出会いの場に行けていない人も多い印象です。

出会いの場としては、やはり友人が組んでくれる合コンが多いようです。

特に外資系就活をしていた人たちは就活をガチでやっていた人も多く、結果としてネットワークが豊富になっている場合が多いわけです。

男性であれば電通・博報堂などの広告マンから、三菱商事などの商社マンまで幅広くコネを持っています。

そういった人たちと仲良くしていると、ひょんなことでCAやモデルとの合コンに呼んでくれることも少なくないようですよ!

また、例えば大学の同期の女性がが化粧品メーカー等の女性過多な職場に就職した場合、外銀マンへの合コンのお誘いは一定数あるようです。

一応肩書きがキャラ立ちするので、お声は掛かるというわけです。

ただしそこから先、実際にモテるか否かは自分次第ですが(笑)

肩書きがあることで機会は増えますが、結局その後はその人の人間的魅力に依存するもの。

高学歴だからモテるわけでもないように、企業ブランドがあるから一概にモテるわけではないのに注意してくださいね。

東京外国語大から外資は行ける?

東京外大から外資系金融、戦略コンサルなどへの就職は難しいでしょうか?

結果としてなのか学歴フィルターが掛かっているのかは分かりませんが、東京外語大の人が外銀や戦略コンサルに内定している事例は稀です。

実際ほとんど見ません。

そもそも外語大から日本の外資系企業を志望する層が少ないというのもあるかもしれません。

ただ外語大の学生であれば語学堪能であると思うので、外銀バックオフィスの内定確率は決して低くないと考えています。

以前MARCHからの外資系企業内定についてのテクニックをまとめましたが、外語大の方も一定程度参考になるかと思います。

一読していただけると嬉しいです!

関連する質問箱

■筑波、横国、上智から外資系内定はムリ? etc.

■OB・OG訪問サービスについて、体育会からの外コン etc.

お役立ち情報カテゴリの最新記事