就活強者が必ず使う選抜コミュニティ5選

就活強者が必ず使う選抜コミュニティ5選

就活界隈には毎年10人程度、外資系企業複数社から内定をかっさらうハイエンド学生がいます。

プロ就活生あるいは就活強者と呼ばれる彼らは学部3年/修士1年のサマーインターン対策に向けて、どんな選抜コミュニティを使っていたのでしょうか?

「ココへ入れば間違いなし!」のオススメ選抜コミュニティをまとめてみました!

選抜コミュニティとは?

そもそも選抜コミュニティとはどういった性質のものなのでしょうか?

一言で表すならば「難関企業を目指す学生が選考対策や情報収集をする場所」です。

就活塾とは違って学生がお金を払うようなことはなく、基本的にどこも無料での運用が行われています。

その代わりにコミュニティ運営側としては、優秀な学生の名簿リストを餌に企業へ営業を掛けて人材紹介料を得ることでマネタイズしているわけです。

悪質な就活エージェントの場合、一種のステマのように企業案件に強引に案内されることもあります。

ただ今回ご紹介するエージェントは、どこも優良サービスを提供している企業や団体なのでご安心ください!

YC塾

外資トップティア企業内定塾であるYC塾

■ ゴールドマン・サックス

■ モルガン・スタンレー

■ JPモルガン

■ メリルリンチ

■ マッキンゼー・アンド・カンパニー

■ ボストン・コンサルティング・グループ(BCG)

■ ベイン・アンド・カンパニー

■ P&G マーケティング部門

上記企業を「コア8企業」と定義し、これらの企業への内定実績をウリに学生からの人気を集めています。

東大早慶上智への合格実績をドヤる東進と同じような匂いがしますね(笑)

ただこのYC塾に合格した学生はみんな超優秀なトップ学生であることに間違いありません。

現に内定の森メンバーの知り合いにもYC塾出身の人がいますが、彼はズバ抜けて能力が秀でている逸材でした。

おそらくその年の就活界隈で有名になるトップ層の大方はYC塾に所属しています。

それだけ周りから嫉妬の対象になるわけですが、このコミュニティに所属しておいてそんなことは一つもありません。

高い倍率の選考で、毎年200人中5人程度しか合格しないハイエンドコミュニティですが、ぜひ選考を受けてみてください!

▽YC塾に関しての個別記事はコチラ▽

FactLogic Executive

FactLogic Executive、通称ファクロジエグゼ

2019年卒から運用が始まり、2020年卒も引き続き募集が掛けられています。

外資系のジョブに参加している学生の6割程度はエグゼ会員という噂が流れるほどで、実際エグゼも厳しい選考を潜り抜けないとコミュニティ入りができません。

ただ少数精鋭でかつノンビジネスサービスのYC塾に比べ、スローガン株式会社のもとでがっつり営利目的で運営しているFactLogicは「合格実績がすべて」なので学生を多く採っており、比較的選考の倍率は緩いほうだと思います。

とは言っても、グループディスカッション・ES・面接とまるで難関企業さながらの選考を潜り抜けないといけないわけですが…

ファクロジエグゼの説明に関しては以下の記事で詳しく書いているので、気になる方は下をクリック!

Alternative Internships

メガベンチャー出身の元採用責任者が起業して立ち上げた就活支援サービスであるAlternative Internshipsオルタナティブインターンシップ)。

近年注目されている就活サービスですが、こちらもオルタナ選抜会員という特別コミュニティがあるとのことです。

講師の方のレベルが高く、グループディスカッションやケース対策をゴリゴリ進めたい人にとってはまたとない機会です

また一つ上の先輩である外資系企業内定者がメンターとしてついてくれるので、気軽に就活やキャリアの相談をすることができます

気になるオルタナ選抜会員のレベル感ですが、間違いなくその年のトップ層であり外資系企業のジョブで見かけることは少なくありません。

特に就活初期は所属しておくことが一種のステータスになるので、マウントを取りたい人にはおすすめのサービスかもしれません(笑)

ネクスベル

会員制就活サービスのネクスベル

もともと会員制であるのは勿論のこと、優秀だと判断された学生はさらに上の選抜コミュニティに招待がされます。

講座の内容や課題に関してはシークレットで参加者へのヒアリングをしても良い返事はもらえませんでしたが、ビジネススキル向上のための課題に取り組まされていることは確かなようです。

就活をしていくうちに分かるとは思いますが、ネクスベルに関する就活生の評判は正直まちまちです。

「すごい使いやすい!」という学生もいれば「全然相談に乗ってくれないで、形式的な企業案件しか紹介してくれない」という学生もいます。

ネクスベルの上手な使い方に関しては、以下をチェック!

Unistyle Top Students

先輩たちの膨大なESがストックされているWebメディアのunistyle

FactLogicと同様に近年unistyleもメディアからリアルイベントに参画し始めています。

様々なイベントが開かれるのは勿論ですが、その中で選抜コミュニティである「unistyle top students」というプログラムが夏前に走り出します。

この選抜コミュニティに所属していたという学生はあまり聞きませんが、選考はしっかりされているはずなので選抜生はある程度の実力は持っているということの証拠になるでしょう。

unistyleのことをもっと知りたい!という人は以下の記事を読んでみてください!

その他就活サービスの動き

トップ就活生の囲い込みに汗水たらす就活サービスですが、他にもリンク・アイ外資就活ドットコムワンキャリアGoodfindなどは有名どころと言えます。

外資就活ドットコムに関しては、20卒から外資就活アカデミアという選抜コミュニティを始動させることが決定しています。

これはまだ確定ではないのですが、Goodfindも何か選抜コミュニティに似たサービスを企画しているとの情報もあります。

近年急速に流行りつつある選抜コミュニティ。

就活強者になるための登竜門としては持って来いの機会なので、チャンスがあればどんどん選考を受けてみましょう!

 

残念ながら選抜コミュニティに落選してしまった人は、以下の就活支援サービスを上手く使ってみましょう。

上手く組み合わせて使っていくことで、選抜生と遜色ない対策ができるはずです!

おすすめ就活支援サービス

内定の森がおすすめする優良就活支援サービスです!

キャリアチケット

急成長中のベンチャー企業であるレバレジーズが運営する就活サービス。

ES添削から面接対策まですべて無料で実施してくれます。

選抜コミュニティ未参加者や頼れる先輩がいない人にとってはとっても心強いですね!

ハローナビ

キャリアチケット同様に就活支援を無料で行ってくれるのがハローナビ。

キャリアアドバイザーがつきっきりで面倒を見てくれるのが嬉しいですね!

企業との共催イベントも数多く開催しているので、情報収集の場としても事欠きません。

ビズリーチ・キャンパス

OB・OG訪問をする際にメインで使えるサービスといえばビズリーチ・キャンパス。

自分と同じ大学出身のOB・OGに直接コンタクトが取れてしまいます。

総合商社・メガバンク・損保・メーカーなどの日系大手を受ける人にとっては喉から手が出るほど欲しかったサービスです。

就活サービスカテゴリの最新記事